×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腸内環境改善のための役立ち情報

腸内環境改善のためには食生活と生活習慣の見直しが必要

腸内環境を改善したい人には主に以下の人が多い傾向になります。

  • 便秘気味の方
  • 消化が悪い
  • おならが臭い

これらの症状が腸内に悪玉菌が増えていたり、機能が低下していることが原因となっているため食生活や生活習慣を改めることで改善していくことができます。

便秘のために腸内を改善したい方

便秘気味の方だと原因がいくつかに分かれてくるのでどれに当てはまるのか考えてみてください。

普段から食事で野菜を食べることが少ない

便を形成する際には必須となる食物繊維のほとんどは野菜に含まれるために肉類やインスタント食品などを好んで食べていると自然と便秘となってしまいます。インスタント食品には体によくない油が多いために便をとても硬くしてしまう作用があります。

 

運動することが少ない

腸は蠕動運動という振動を頻繁に行っているために私たちは普段力を入れずに便を出すことができています。
運動不足なりやすい方の傾向として、「会社員で時間がなかなかとれない」「妊娠しているのであまり運動ができない」「単純に動きたくない」といったことが挙げられます。
食生活に問題はないが運動が不足しているときには毎日10分程度でもいいので歩く習慣を取り入れましょう。

 

水分の摂取が少ない

便の80%が水分からできているため水分摂取を怠ってしまうと硬い便になるため排便がきつくなります。
一日に飲む水はだいたい800ml程度あると問題がないのでこれよりも少ない

 

ダイエット中である

便秘になりやすいダイエット方法として食事制限があります。一日に必要な栄養分が体内に吸収されないために便がうまく形成されずに何日もかかって便がつくられてしまい、しかもカチカチの便になりがちです。

 

精製食品を良く食べている

パスタや麺類などの精製食品は腸内で消化がしにくいので残りカスが腸内にどんどん溜まっていきます。毎日食べるのではなく週に二回程度にしたほうがいいでしょう。

 

 

コンビニのおにぎりっておいしいですよね。でも逆に自分で作るおにぎりと違ってなんだか不自然な味がしませんか?

ph調整剤がたくさん使用されている食品

コンビニのおにぎりに代表されるようなものには味を調整するためのph調整剤という酸性度を変化させる添加物が加えられています。
これは舌にとって「快感」となるように無理やり調整されているために健康的なものではないのです。
ph調整剤は少々使用される程度には問題はありませんが最近ではその量が増えているといわれているために問題になっています。

 

ph調整剤は善玉菌を殺してしまう

あまりにも多くのph調整剤を食べてしまうと腸内環境が乱れかねません。毎日コンビニ食や菓子パンを食べていると必然的に便秘気味になってしまいます。
またリン酸塩という保存料が使用されるケースが増えているためこれも問題となっています。よくインスタント食品を食べる子はキレやすいって言いますよね。それはリン酸塩が影響しています。これを摂取しすぎるとストレスを感じやすくなったりちょっとしたことでもイライラすることが増えてしまいます。
このようなことから自分たちの食事によって精神が形成されていることがわかります。

 

普段からイライラしないでストレスフリーな精神状態を保つためには体にいい食品を食べたほうがいいのです。

続きを読む≫ 2015/10/06 18:43:06

近年研究分野での発見が多い乳酸菌です。
乳酸菌には菌ごとに様々な働きがあるために悩み持っている場合にはそれに適した乳酸菌を選ぶ必要性があります。

 

乳酸菌は名称からして効果がわかりにくい

スーパーで売られている乳酸菌飲料やヨーグルトにはなんだか聞いたこもない名前の乳酸菌が含まれている商品がたくさんありますが私たち消費者にとってそれぞれがどういう効果があるのかはわかりにくいものです。

乳酸菌の効果はネットで調べてみましょう

企業側が体にいい乳酸菌を使って作っているのはわかるけど商品にその説明でもつけ食われていてくれたら自分にピッタリなものを選択できるはずです。
こういった情報はメーカーのウェブサイトを訪れてみて詳しく調べてみないとわかりません。
もっと詳しくしたい場合にはメーカーの方に電話してみるという手段もあります。これなら確実にほしい情報が入手できます。

 

乳酸菌の効果について

乳酸菌には便秘改善はもちろんのことコレステロール値を下げたり、花粉症を予防してくれる効果があります。といってもすべてのヨーグルトが便秘改善以外のいい働きをするわけではないので購入前にしっかりと成分表を見てみましょう。

乳酸菌の種類

 

  • KW乳酸菌
  • いわゆる楽とバチルスという菌です。この乳酸菌はアレルギーに対して強い効果を発揮してくれます。近年、日本では花粉症の増加や菓子パンに含まれている体に悪い添加物のせいでアレルギー持ちになる人が非常に増えています。こういった方に対して宅とバチルスはアレルギーの抑制作用があります。

     

  • 乳酸菌シロタ株
  • ヤクルトに含まれている菌です。胃液などの消化液に対して強い耐性を持つため飲み込んだ菌をほとんど死滅させずに腸まで到達させることができる優れた乳酸菌です。ちなみにヤクルトの女性が販売しているヤクルトにはお店で買えるのに比べて二倍もの乳酸菌が含まれているそうです。近くにヤクルトの販売店がある場合にはぜひ本当なのか聞いてみてください。

     

  • 植物性乳酸菌ラブレ
  • 京都の伝統的な漬物から見つかった日本人の腸と相性のいい乳酸菌です。最近はスーパーで見かける機会が増えたので知名度が上がってきているところです。

 

参考になるサイト

妊娠中 便秘
妊娠時には意外と多くの方が便秘の悩みを抱えて生活しています。働きが鈍くなった腸内を改善するためには善玉菌である乳酸菌をお腹に増やすことが便秘解消の方法であるということを紹介してくれています。

続きを読む≫ 2015/10/06 18:03:06